なんでもやってみるDIY大家 - DIY職人大家のDIYな日々 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧め2

スポンサーサイト

2014年を振り返って


今年も残りわずかです。


私自身にとって

2014年は去年に続いて激動の一年でした。


ブログは備忘録的な側面も持たせているので、

今年一年を振り返って何をしてきたのか、

ざっと整理していきたいと思います。


■2014年の主な出来事

1.12部屋のアパート一棟購入

2.築古戸建購入

3.会社(工務店)を退職

4.アパートの空室を初めてDIYリフォームする

5.このブログを始める

6.職業訓練所(ポリテクセンター)で住宅リフォーム技術を半年学ぶ

7.宅地建物取引主任者の資格取得

8.福祉住環境コーディネーター2級を受験(結果待ち)

9.DIY R SCHOOLでDIYリフォームを学ぶ



去年の正月の時点で

会社を辞めるとは思ってもなかったので

まさに激動の一年になりました。



予想していなかった出来事もありましたが、

年初に一年以内に資格を取る事と

物件購入をすることを目標に掲げていたので、

全て目標達成できて良かったです。



また今年は

新しい事に挑戦したかったので、

ブログも始めましたし、

ポリテクで住宅リフォーム技術も一から学ぶ事ができ、

本当に実りのある一年にできました。



ポリテクでは沢山の仲間との出会いもあり、

最高の年でした。



来年はどんな一年になるのか、

非常に楽しみです。



皆様

来年もよろしくお願いしまーす。  ヽ(^o^)丿

ホームセンターのトラック貸出サービス


今日は知り合いから不要な幅木を譲ってもらえる事になり、

引き取りに行ってきました。


築古戸建のリフォームで活用させてもらいます。



ありがとうございました! (^o^)



幅木はホームセンターのトラック貸出サービスを

利用して輸送したのですが、

本当に便利ですね。



ホームセンターでなんらかの商品を購入すれば、

60分から90分ほどトラックを貸してもらえるのです。



本来ならば買った商品の輸送のみに使うべきなのですが、

ちょこっと大きなものを運ぶ時などに

ちょくちょく利用させてもらってます。



トラックをレンタカーとして借りた場合は

数時間でも数千円かかることを思えば、

トラック無料貸し出しサービスは

本当に助かります。



今回も合板を一枚買って、

90分トラックを貸してもらいました。



今のところ、DIYリフォームをするのに

ホームセンターのトラック貸出サービスだけで

何とかなっているのですが、

いずれ軽トラか1 boxは欲しいと考えてます。



それまでは貴重なサービスを重宝させてもらいたいです。




大きな声では言えませんが、ホームセンターには

感謝、感謝です。


電動工具検討ツアー



今日は職業訓練所の仲間と電動工具検討ツアーに行ってきました。


私自身はインパクトドライバー、電動丸ノコ、レーダー墨だし器など

来るべき築古戸建リフォームに備えて

購入しようと考えてます。



一人で考えていても

どのメーカーのどのモデルがいいのか全く見当つかないので、

皆でショップ回りをして検討しようと思ったのです。



そこで、

まず前々から行ってみたいと思っていたDIY FACTORYへ行ってみました。



場所は南海難波駅の高架下にあります。






店の中には

DIY R SCHOOLで

何回かお会いしている運営スタッフのカローラさんがいたので、

電動工具を試用したいと申し出たところ、、、

こんなに色んな種類の工具を用意してくれました。





ボルト数の異なる

色んなインパクトやドリルドライバーを

試し打ちさせてもらいました。



ところで、インパクトドライバーとドリルドライバーの違いって分かりますか?

両方とも見た目は同じですが、

インパクトは衝撃をビスに与えてしっかり締めていくのですが、

ドリルドライバーはただビスを回して締めるという違いがあります。


なので家具作りなどには

インパクトよりドリルドライバーが適しているそうです。


こんなペン型のインパクトは7.2ボルトしかありませんが、

思った以上にパワーがあって良かったです。



ユニットバスの組み立てや洗面台の取り付けなどで

職人さんが使っているのを見たことがありますが、

使ってみて欲しくなりました。





丸ノコも試用させてもらいましたが、

このDIY FACTORYでは本当に色んな工具を試用させてもらえるので

思った通りメチャクチャ良かったです。





昼前に集まったメンバーの

パワーがなくなってきたので、

腹ごしらえをしてから、

さあ、次はどこに行こうと言いながら、

ブラブラしていたのですが、

偶然入った車両整備用の工具屋の店主から

近くに建築用工具の店があるとの情報を得る事ができたので

ダメ元で行ってみました。



そこが、こちらです。

大阪の日本橋と言えば、

東京の秋葉原と同じく

最近はオタクの聖地と化してますが、





メイド喫茶の横に建築工具屋があるではありませんかっ。 (@_@)




見渡すと沢山の建築工具店があります。



いくつかの店に入って店主に話を聞いてみたところ、

日本橋の近辺で十数件、建築工具専門店があるそうです。



それぞれの店の工具の値段も確認してみましたが、

だいたいが正規料金から30-50%オフで、

どこもメチャクチャ安いです。  


やはり本職の大工さんが遠方から大量に仕入れにくるらしいです。





また店主は電動工具について非常に詳しいので、

話をしていると本当に勉強になります。



まだ確認してなかったレーダー墨だし器の違いについても

レクチャーを受ける事ができて、

大いに勉強になりました。


また腰袋もメチャクチャ種類があって

まさか日本橋にこんなパラダイスがあるのか?と目を疑いました。



年明けに皆で現金を握りしめて

再度、日本橋に集まろう!

と誓い今日は解散しました。



しかし、今日は思いがけず大きな収穫でした。



やっぱりどんな時でも臆せずに聞く習慣をつけておけば

思いがけない情報に出会うもんだと改めて思いました。



換気扇のお掃除


年末なので普段掃除をしない部分を

掃除しました。 (まだ途中ですが、)



24時間換気用の換気扇も

四六時中回っているので

ホコリがすぐに溜まります。



こんな状態で

壁に取りついている換気扇のカバーを、、




取るとこうなります。

プラスチックの留め具でパチンと留まっているだけなので

簡単に取れます。




水洗いして綺麗さっぱりしました。





壁にビス止めされている

換気扇本体もかなり汚れていたので、

外してみたくなり、

ビスを取ってみました。





こんな風になっていたんですねー。



壁と換気扇はビスで2か所留まっていただけでした。

あとはコードをつなぐだけなので、

これだったら、簡単に換気扇の交換はできますね。



しかし、当たり前のことですが、

掃除をすると綺麗になって気持ちいいですねー。 


やり出したらいつも

しばらく止まらなくなってしまいます。 (^-^)



DIYリフォームの協力者現る


5月から

一念発起してブログを始め

早や半年が過ぎようとしてますが、

昨日、驚く事がありました。



実は

何の面識もないブログの読者の方から

来年から取り掛かろうとしている

築古戸建のリフォームのお手伝いをしたい!

との申し出があったのです。(@_@)



ブログを始めたのは

DIYリフォームをするのに

同じような境遇や志を持った仲間との交流や

情報のシェアが出来たらいいなー

と思ったからなので、

今回の申し出は非常にうれしいです。(*^_^*)




連絡をいただいた方は

今は大家ではないのですが、

今後、私と同じように築古戸建を

DIYリフォームで改修し、

戸建賃貸をしようと考えているそうです。



私の場合は

大家業はそこそこ経験はありますが、

戸建のDIYリフォームは今回初めての試みです。



リフォームを手伝ってもらうにしても

まだまだ経験値は低いので

逆に教えてもらうことが多いのではと

恐縮しております。



ただ、

職業訓練所でリフォーム技術を学んだお蔭で

ちょっとは自信がついたので

この勢いで年明けから

一気呵成にリフォームをやってしまいたいです。



がんばるぞーっと。




管理会社は必要か否か


今日は物件管理についての

自分なりの考えを書きたいと思います。



物件管理をする場合、

管理会社を使うか自主管理をするかの

どちらかになります。



それぞれ、メリットとデメリットがあります。



ざくっと考えると以下のような感じですかね。



【管理会社使用の場合】


■メリット

管理会社が近隣住民からのクレームや

入居者からの突発的な連絡窓口になってくれるので

オーナーが手を煩わせる必要はない。


■デメリット

管理料が3-10%程かかる。

管理会社によって当たりはずれがあり、

はずれの管理会社では何もしないところもある。



【自主管理の場合】

■メリット

管理料を払う必要がないので支出を抑えることができる。


■デメリット

全てにおいて直接オーナーに連絡がくるので、

管理戸数が増えた場合、対応が煩わしくなる、等。




私は断然、管理会社派なんですが、

一つ重要な事を認識しておく必要があると思ってます。


それは、

管理会社は基本的に

オーナーの為になる事は何も考えないものだと

いうことです。



その事を認識した上で

上手く管理会社を利用すれば、

管理料を払う以上の価値が出てくると思います。



自主管理は経験値を上げる為に

一度は経験した方がいいとは思いますが、

私の場合は少々の管理料を払ってでも

管理会社を使うべきだと考えてます。



例えば、

先日もガス給湯器が故障してお湯が出なくなった物件があったのですが、

この場合も入居者と管理会社でやり取りとしてもらい、

ガス業者との対応も

管理会社に任せる事で迅速に対応できました。



業者に見てもらったところ、

不具合の原因は給湯器の故障だったらしく、

すぐに修理してもらえたので即日解決しました。



こんな事もオーナーが都度対応していては

身が持ちません。



結局、修理代は6000円程で出来ましたし、

管理会社の担当者には

物件にすぐ直行してもらい、

給湯器の状況確認や

業者手配、入居者対応まで

しっかりやってもらったので

その対応には大変満足してます。



まあ、非常事態が起こらなければ、

確かに管理会社は何もしていないようですが、

私は管理会社にある程度任せることで、

自由な時間を手に入れているのです。



ただし、リフォームなどの修繕費については

管理会社任せにせず、

今後は自分自身で行うことで費用削減は

していくつもりです。  ( ^)o(^ )



職業訓練所の最終日


7月から始まった職業訓練所生活ですが、

本日を持って終了となりました。



最終日は皆で実習で使用した工具や機械を掃除してから

事務的な書類のやりとりをして、

各自、修了証書を受け取り

無事に卒業となりました。





総訓練時間が667時間もあり

数字で見ると長く感じますが、

あっという間の半年でした。



本当に素晴らしい仲間に恵まれて

半年間の束の間の学生生活を

楽しく過ごす事ができました。



訓練所では

今までの生活の延長上で

決して知り合うことのなかった

ファンキーな仲間と共に学べました。



このご縁は大切にして、

これからも仲間との交流を続けられたら

いいなーと思ってます。




ありがとう! ポリテク









解体パート2

昨日に続いて解体作業です。

今日は間柱を外すところからスタートです。

間柱を全て取り終えたら、

火打ち梁を取って、

筋交いを外す前に、




仮筋交いを取り付けます。



それから本筋交いの金物を外していきます。



本筋交いを外すと、

梁を外していきます。



人は沢山いるので大人数で

寄ってたかって梁を抜いていきます。




抜いた梁は即座に運び出していきます。




梁を取って、柱を抜くと

作業がしやすいようにわざと残してあった

床を解体していきます。

釘で打ってあるフローリング材をバールで剥がしていきます。



同時に足場を解体していきます。

ラチェットレンチでバリバリとクランプを外していきます。



床の方は下地合板もバールでこじ開けて、

外していきます。

飛び出た釘は必ず釘仕舞いをしてから、

運び出します。



続いて現れた根太もどんどん外していきます。



それから大引きと束を外して、




土台と基礎だけの状態にします。




土台も外して、基礎だけにします。


因みに、倉庫の中に建物を建てていたので基礎はコンクリートではなく

木製です。




最後に重い基礎を皆で運び、倉庫に納めて解体終了です。



あっという間に建物がなくなってしまいました。




本当に解体は始めてしまうと、

大人数なのもあると思いますが、

すぐに終わってしまいます。



いよいよ明日で職業訓練所も終わってしまうんですが、

毎日めちゃくちゃ楽しかったので本当に寂しいです。



一応、男なので最終日は泣かないように歯を食いしばって

いきたいと思います。

鉄骨造リノベーション見学

知り合いの大家さんの所有アパートが現在リノベーション工事をしているので

見せてもらいに行ってきました!



工事規模ですが、重量鉄骨造で外壁はそのままで、

中はスケルトンにするリノベーションで総工費数千万の

大きな工事です。




壁と天井は今、DIY R SCHOOL で学んでいる軽鉄で作ってました。(^-^)




やっぱり軽鉄の方が工期も短くなるので、費用が抑えられるんでしょうね。




訪問する時間が予定よりも遅くなり夕方の6時過ぎになってしまったのですが、

現場監督や職人さんも皆残って作業されてました。


極力、邪魔にならないように現場を見せてもらったのですが、

非常に勉強になりました。


床のレベル出しはやはり、レーザーでされていて、

モルタルの床がぼこぼこだったので、

ゴム付きの束でパーティクルボードを

床下地材として使用してました。 

この工法もDIY R SCHOOLとほぼ同じです。



この合板の上にフローリングを貼るんですね。

フローリング材はSANWA COMPANYの複層フローリングです。

一般的な複層フローリングと異なり、突板の厚みがあるので、

無垢材の風合いがでるそうです。



上手く写真がとれなかったのですが、

これは風呂、トイレ、洗濯スペースのユニットです。


コンパクトに一列に並べてあり、デザインも良かったです。

メーカーは京都の和光製作所とあまり聴いたことがないのですが、

全国で初のステンレス浴槽を作った会社らしいです。

和光製作所



この物件のターゲットは北新地で働く高給取りの女性なので、

間取りやディティールまで

かなりこだわって造られます。


2月が完成らしいですが、仕上がりが非常に楽しみです。



また、話をしていて参考になったことがあったので

シェアします。



このオーナーは自主管理をされていて、

客付けだけを近隣の不動産会社にお願いしているのですが、

空室が出て、

不動産会社への営業回りをするときは

必ずドーナッツを持参するそうです。


毎回ドーナッツを持っていく事で、

不動産会社の客付け営業マンに顔を覚えてもらえるため、

優先的に顧客案内してもらえるそうです。



親子何代にも渡って大家業をされているそうなので、

これ以外にも秘伝の奥義がいくらでもあるんでしょうね。



勉強になりました。



ありがとうございました。


Profile

DIY職人大家 ヒデ

Author:DIY職人大家 ヒデ
経歴
2007年に藤山さんの本を読み一念発起し、1Rx6部屋のアパートを親借金で購入。
サラリーマンをしながら二足の草鞋でアパート経営を行う。
2013年9月末22年勤めた物流会社の希望退職制度に応じ
早期退職する。
転職先の工務店でリフォーム工事の現場監督を経験した事で職人になりたい気持ちが芽生える。
2014年2月に購入したアパートのリフォームを自ら行う為に3月月末に工務店を退職。
2014年4月〜6月所有アパートの空室リフォームを自らDIYで行う。
7月から12月まで職業訓練所の住宅リフォーム技術科で建築のイロハを学ぶ。
10月からDIY R SCHOOLに通い、DIYリフォームのノウハウを勉強中。
2015年1月から昨年購入済みの築古戸建のDIYリフォームを日々敢行中。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

フリーエリア

大阪,難波,道頓堀,心斎橋20分USJ30分神戸,京都,奈良60分

大阪, Osaka, 日本
駅近/近隣の百舌駅まで徒歩5分/関西空港までJRで40分/難波まで20分USJ30分の好立地/布団敷きで最大10人まで宿泊可能/和室2洋室1の3LDKで広々/冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ、電子レンジ、トースター,ドライヤー,エアコン,アイロンなど生活必需品完備/長期滞在に最適/敷地内無料駐車場あり/1階部屋につき荷物の運び入れが楽々/ベランダ物干し台/フットマッサージ機/3部屋寝...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

何でもやってみる大家 - DIY職人大家のDIYな日々

QR

カウンター

ブロとも一覧

リンク

Search form

Display RSS link.

Friend request form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。