なんでもやってみるDIY大家 - DIY職人大家のDIYな日々 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIY R SCHOOL 下地パテ盛り

今日は土曜日なのでDIY R SCHOOLの日です。

いよいよボード貼りを終えて今日から塗装に入っていきますが、

まずは下地の調整が必要となります。



そこで、DIYの作業に入る前に

本職が塗装業の講師にパテの塗り方の講義をしてもらいました。



この先生はエルメスの店舗の塗装も行った実績もある

久田校長曰く日本一の塗装職人らしいです。


そんな匠に教えてもらえるなんて本当に光栄です。


さて、

下地調整用のパテですが、

一般的には粉を水で溶いて使うタイプが多いのですが、

プロはこのような一斗缶に入った

水溶き不要のパテを使うことが多いそうです。


ガッツVとはインパクトのあるネーミングですね。


因みにパテは下塗り、中塗り、仕上げの三種類あるそうなのですが、

これは下塗り用の目が粗いタイプです。




これに魔法の粉を振りかけます。


これは硬化促進剤なのですが、

混ぜると固まるスピードがアップするのです。


主成分はどうやら塩らしいですね。





ボードの継ぎ目には寒冷紗と言うこのようなメシュ状のテープを貼ります。


これを貼っておくと後々継ぎ目に割れが出ないそうです。





その上からパテを盛っていきます。





出隅にはコーナーテープを貼って90度の直角を出します。


ボード自体が完全に直角になっていない事も良くあり、

ピシッと直角にするのは中々難しいです。


ただ仕上げに直結するのでここは特に注意が必要です。


実際、生徒が貼った後

校長の事後チェックを受け直角になっていない所は

何か所も貼り直しになりました。





プロが仕上げてくれたコーナー部の

最初のパテ塗りの仕上がりはこんな感じです。


少々、コーナーテープで直角が出てなくても

パテを厚く盛って無理やり直角にすることもできるそうです。


まさに力技ですね。




数時間後、下塗りが固まったのを見計らって

今度は仕上げ用のパテを盛っていきます。


こちらは粒子が細かく非常に滑らかです。


これを下塗りパテよりも広く盛っていきます。


盛っている部分は主に

ボードの境目とタッカーの針の部分です。


要するにくぼんだ部分をパテで埋めていくんですね。





今日はここまでで作業終了となりました。


やっぱりプロ中のプロに教わると勉強になりますね。


ヘラの種類やヘラの使い方なども

丁寧に教えてくれるので

ばっちり頭に入りました!





自分の築古戸建で

来週パテ塗り作業に入ると思うので

今日の講義は非常に有難かったです。


スポンサーサイト

ボードの壁貼り


今日はバンバン壁にボードを貼っていくぞー

と思っていたのですが、

いざ作業に取り掛かろうとすると

胴縁の取り付け位置がおかしいのに気付きました。

天井の回縁の面よりも引っ込んだ所に

つけてたんですね。


これだと壁側のボードの端が

回縁までとなり、

ボードを貼っても

回縁が少しだけ見えてしまうんです。





なので、

全て位置を再度調整して

このようにしました。





こんなことをしたりしてると

結局時間ばかり過ぎてしまいます。



ようやく、

本日1枚目に取り掛かりますが、

貼り出しのスタートは

端からではなく、

端から2枚目から始めます。


この方が

加工なしのボードをバンバン貼れるので

何かと良いんですよね。




結局、今日はこの一面だけでした。


しかし、テレビ線や電話線などが

壁の中に隠れて大分スッキリしましたね。





来週はボードを終えて、

パテ塗り、

壁紙まで行きますかねー。

壁のボード貼り


壁にボードを貼っていく前に

一部このように隙間が出来ている部分があったので、、




隙間を埋めるためにこんなものを

使ってみました。


スプレー式のウレタンフォームです。





これを吹き付ければ

隙間が埋まるはずと言う目論見です。





10分ほどで固まりましたが、

固まると思った以上に膨らんでいて

胴縁が壁から張り出してしまったので、

カッターで切って厚みを再調整しました。



一応、壁のレベルも合わせられたんですが、

もう少しいい方法はないもんでしょうか?





準備が出来たので、

壁にボードを付けていきました。


今日は昨日の反省もあり、

下の方からボードを貼って

上に貼り進めるようにしました。


こうすると

上にボードを貼るとき

先に貼ったボードの上に

仮置きする事ができるので

ビス打ちが楽なんですね。






今日は予定通り

玄関周りのボードを貼り終えました!





しかし12.5mmのボードを加工すると

メチャクチャ石膏の粉が出ますね。



数枚切ったら掃除しないと

床が粉まみれになります。



ボード貼りの時には

ホウキと塵取りは欠かせませんね。(^-^)


天井のボード貼り完了!

今日は朝から天井のボードを順調に貼っていき、

天井は全て貼り終えましたー!



仮に塗装していた玄関の天井部分も

貼り付け完了です。



部屋の端の部分には幅広の胴縁をつけていたので


ビス打ちがやり易かったんですが、

天井の中央部分は幅の狭い既存の竿縁?に

ビスを打っていったので

非常に難しかったです。



よく見てもらうと分かると思いますが

ボードの端のギリギリにビスを

斜め打ちしてます。



端にビスを打ちすぎて、

ボードが崩れてくるので

非常に難しかったです。






今思えばボードの割付を竿縁に対して

横になるようにすれば

もっと楽だったのではと思います。



天井は昼過ぎには打ち終えて、

次に壁にに取りかかりました。



天井に比べると楽勝だと思ったのも束の間、

壁用のボードは12.5mmなので

メチャクチャ重いのです。


しかも最初の1枚目を玄関脇の高い位置に

ブレイカーや柱の部分を切り欠いて

加工をしなければならない箇所から

始めたので意外に手間取りました。



今日はここまででタイムオーバーです。





この写真は壁のボードの天井との取り合い部分ですが、

若干右側に向かって傾斜が付いているのが

わかりますでしょうか?

切り出して突きつけて

隙間が出来て気付いて

再加工してから取り付けたのですが、

こんな事をしてるので

なかなか進まないんでしょうねー。


天井のボード貼りスタート


昨日から天井の仕上げをどうするか悩んでたのですが、

和室の竿縁天井の上から塗装するのはやめにして、

まずは既存の天井の上から

壁と同じように石膏ボードを貼る事にしました!



昨日、玄関の天井のみ塗装してみましたが、

やはり若干塗りムラが気になるので

塗装は2階の和室に採用したいと思います。



そうと決まれば

ボード取り付けの準備をしなければなりませんが、

天井の端の部分のみ

ボードを受けるための受け材がないので、、





胴縁を天井にも受け材としてビス止めします。





すぐにボード取り付け準備が整ったので

近所のホームセンターに材料を買い出しに行きました。



壁用の12mmが18枚、天井用の9mmが8枚です。


わずか6畳ちょっとの広さですが

結構な枚数ですよね。



トラックからこの作業台まで

わずかな距離ですが、

ぶつけないように注意しながらの

荷下ろしなので

やっぱり疲れました。。





腹ごしらえをしてから、

天井のボード貼りからスタートしましたが、

今日はここまでです。





さすがに天井にボードを一人で貼るのは疲れました。。。( ;´Д`)



910x1820のボードを加工せず、

そのまま貼るのは

体力的に厳しかったので半分のサイズにカットして

ビス止めしました。



それでも頭と手で押さえながら、

位置合わせしてビス打ちするのは

慣れるまでは大変でした。



今日の作業の為に、

作業台も新調したんですよ。





職業訓練所で使っていた物は

足の長さが調節出来るタイプだったので、

これも当然足を伸ばせると思って、

あちこち調節ネジを探しましたが、

ないんですねー。


でも安かったから気にしません。


特価で3700円でした。



さあ、明日からはこれで

ガンガンボード貼っていきますよー。


天井の塗装

本日ようやく胴縁を付け終えましたので

天井に塗装をしてみました。


このような和室の天井を、




とりあえず余っていたアイボリーの水性ペンキを

玄関の天井部分のみ

このように塗ってみたのですが、

本当にこの仕上げで良いのか?

まだ迷ってます。






とりあえず、

明日、2度塗りをしてみて

感じを見てから決めようと思います。



同志発見!



またまた

このブログの読者の方から連絡をいただいたのですが、

その方が私の物件のすぐ近くで

同じように築古戸建のDIYリフォームを

されていると言うことで

本日、見せてもらうことになりました。



まず、リフォーム工事中の私の物件を

見てもらった後で、

Tさんの物件まで車で連れて行ってもらいました!




車で走ること10分ほど離れた場所にある

その物件は

築年数や間取りなど

うちの物件とそっくりでしたが、

外観はこのような感じでした。


扉には耐候性のカラーフィルムを

貼ってあってアプローチも

モルタルを打ち直して

真ん中にタイルを敷いてあるので

非常に明るい印象です。


これらのリフォームも全てDIYリフォームで

されたそうです。




また門柱部分ですが、

若干白く塗られているのに気づきますでしょうか?



元々は隣の塀と同じ色合いだったものが、

スプレーで薄く白色に色付けしてあるので

明るい色調になってます。



これは簡単に出来るリフォームなので

大いに参考になります。





この和室の天井は塗装仕上げです。



3回塗りしたそうです。



床はこれから根太を渡して床上げをし、

断熱材を敷いて、

フローリングで仕上げる予定らしいです。






キッチンの天井は新しいジプトーンを

古い物の上に全く同じ配置にして

ビスで重ね打ちしたそうです。



色々チャレンジされてますね。






トイレは元々和室トイレだったものを

業者に頼んで洋式に変えたそうです。





玄関の天井には私がよくキッチンの扉で使う

コーナンで売っている木目調フィルムを

貼ってありました。



元々、化粧合板で塗装も乗りにくい所だったので

フィルムの貼り付け施工は非常に楽だったそうです。



このアイデアも使えますね。



壁はパテで下地調整してから

壁紙を貼ってます。



元々は土壁だったそうです。






インターホンは

無線で配線不要の物を使うらしいです。



既存の配線が外に伸びていないらしいのですが、

これはうちも同じなので

これも使えますね。



1万2千円程らしいです。


胴縁ももう少し!

今日も引き続き胴縁の取り付けです。


いい加減、飽きてきたのですが、

あと一踏ん張りのところまできました。




胴縁を柱の面に合わせる部分は

壁をハツって段差ができないように

調整しなければならないので

結構面倒です。





頑張って次回には胴縁を終えて

天井の塗装に移りたいです。


この天井を白色に塗装したいのですが、

明るくなると思いますよー。




気合いを入れて入居者募集開始!


今日は萩原天神ハイツの管理会社に

302号室のクリーニング完了の報告と

入居者募集開始のお願いをしに行ってきました。



これから3月にかけて一年の中で一番動きのある

時期なので、

気合いを入れて入居付けしてもらうように

お願いしました。



部屋は狭いですが、

駅前にあって

非常に生活に便利な所にあり、

家賃も地域最安値なので、

何とか3月ごろまでに決まってほしいです。



まずはしばらく様子を見てみたいと思います。




木目調シールを貼ってみました。

昨日に続いて萩原天神ハイツの

クリーニングです。


今日は昨日掃除しても汚れが落ちなかった

トイレの便座や蓋を綺麗にしていきます。


塗装という手もあるのですが、

今回は木目調シールを貼ってみたいと思います。


曲部に貼るのは初めてなので

どんな仕上がりになるのか心配です。



こちらがシールを貼る前のタンクの蓋です。

前の住人がシールを貼っていたので

一旦それを剥がした状態です。







これにまず中性洗剤を数滴入れた水を

スプレーします。


この方がシールがベタベタ付かずに

作業がしやすいのです。




大きさに合わせてカットしたシールを

当ててみます。




あとは曲部に貼るシールをドライヤーで温めて

ゆっくり伸ばしながら貼り付けて行きます。





丁寧に作業したので意外に上手く出来ました。





便座は形が複雑なので一番面倒でしたが

苦労しながら

なんとか完成しました。






木目調シールはホームセンターで

2m800円で購入したものなので

これだけの見栄えでこの費用であれば

非常にコストパフォーマンスが高いと思います。



ドライヤーで温めてシールを伸ばしながら

貼るのは結構指先の力を使うので

意外に疲れました。



でもクリーニングを終えて

部屋を見渡すと(見渡すほど広くありませんが)

非常に綺麗に仕上がったので

これならすぐに決まるんじゃないか?

と前向きな気持ちになりました。



さあ、入居付け頑張るぞー。o(^_^)o


Profile

DIY職人大家 ヒデ

Author:DIY職人大家 ヒデ
経歴
2007年に藤山さんの本を読み一念発起し、1Rx6部屋のアパートを親借金で購入。
サラリーマンをしながら二足の草鞋でアパート経営を行う。
2013年9月末22年勤めた物流会社の希望退職制度に応じ
早期退職する。
転職先の工務店でリフォーム工事の現場監督を経験した事で職人になりたい気持ちが芽生える。
2014年2月に購入したアパートのリフォームを自ら行う為に3月月末に工務店を退職。
2014年4月〜6月所有アパートの空室リフォームを自らDIYで行う。
7月から12月まで職業訓練所の住宅リフォーム技術科で建築のイロハを学ぶ。
10月からDIY R SCHOOLに通い、DIYリフォームのノウハウを勉強中。
2015年1月から昨年購入済みの築古戸建のDIYリフォームを日々敢行中。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

フリーエリア

大阪,難波,道頓堀,心斎橋20分USJ30分神戸,京都,奈良60分

大阪, Osaka, 日本
駅近/近隣の百舌駅まで徒歩5分/関西空港までJRで40分/難波まで20分USJ30分の好立地/布団敷きで最大10人まで宿泊可能/和室2洋室1の3LDKで広々/冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ、電子レンジ、トースター,ドライヤー,エアコン,アイロンなど生活必需品完備/長期滞在に最適/敷地内無料駐車場あり/1階部屋につき荷物の運び入れが楽々/ベランダ物干し台/フットマッサージ機/3部屋寝...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

何でもやってみる大家 - DIY職人大家のDIYな日々

QR

カウンター

ブロとも一覧

リンク

Search form

Display RSS link.

Friend request form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。