なんでもやってみるDIY大家 - DIY職人大家のDIYな日々 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーペットに対する大きな誤解


今日は2週間ぶりのDIY R SCHOOLです。


写真撮り忘れましたが、

先日の日経の一面に同スクールの記事が出ていました。


やっぱり、DIYリフォームは今、

非常に注目されているんですね。


さて、

今日はカーペットについて

午前中みっちりと講義してもらいました。



講義いただいたのは

堀田カーペット株式会社の専務で

カーペット生活を広める会の代表理事でもある

堀田さんです。



カーペットの市場は年々減少していて、

現在は住宅の施工面積に占める割合が僅か0.2%らしいです。



大きな原因は皆さんもご存知だと思いますが

カーペットがダニの温床になって

アレルギーの原因になると言われてきたことです。


私も今時、カーペットなんてと

偏見を持って話を聞いていたのですが、

説明が進むにつれて

大きな勘違いをしていた事が分かりました。


アレルギーの原因となるダニやホコリを

吸い込んだ時にアレルギー症状が出るのですが、

フローリングに比べてカーペットの方が

ホコリが舞い上がりにくいそうです。



見難いですがその映像がこちらです。





フローリングとカーペットの上を

歩いた時に舞い上がるホコリを撮影したものです。


一目瞭然で、フローリングの方が

ホコリが舞い上がってます。


これはカーペットにはダストポケットと言う

隙間があるのでホコリが一時的に留まるからなんです。


掃除機を定期的にキチンとかけておけば、

フローリングよりも

カーペットの方がアレルギーになりにくいそうです。


また、

カーペットは汚れやすいと言われてますが、

これもお湯と中性洗剤だけでほとんどの

汚れが簡単に落ちるんです。


ただし、

カーペットもウール80%以上のもので

織物である事が前提です。


安いカーペットはナイロンやポリプロピレン製で

織物ではなく、

タフテッドと言う布に植え込んだ形のものが多いらしいのですが、

それらは汚れが付きやすく落ちにくいそうです。


ウールは羊の毛なので

人間の毛と同じくタンパク質で出来ており、

調湿性能も漆喰の次に高いらしいです。



この半日の講義で

すっかりカーペットに対する誤解が取れました。


ウール製の織物であれば

何十年と使っていけるものなんだと再認識出来ました。



昼からはカーペット張りの施工を説明いただきました。



まず、カーペットを敷く前にこのウレタンフェルトを

敷き込んでいきます。




壁から5mmほど離した所にグリッパーと言う合板に

トゲトゲが付いたものを釘打ちして止めていきます。




カーペットの幅は3600mmなのでどうしても

継ぎ目が出てきます。


継ぎ目はこのテープで止めます。





先ほどのテープを

このアイロンで溶かして

引っ付けるんですね。



こんな感じで引っ付けて行きます。




これはキッカーと言う工具です。


先が剣山のようになっていて

そこでカーペットを固定させて

膝で蹴ってカーペットのたるみを取っていく作業に使います。






キッカーでたるみを取っていき、

全て端の部分をグリッパーに引っ掛ける事が出来たら

端をこのトリマーと言う工具で

カットしていきます。


余分な耳をカットしたら、

端を壁際に押し込んで行き終了です。





これが張り終えたカーペットです。





座って見ると優しい感じで

すごく落ち着きます。


床暖を付けてなくても

全然足元から冷えも来ないです。


コストはフローリングよりも若干高めになりますが、

リビングや寝室などはカーペット張りにすると

非常に良いですね。



今日は目から鱗が落ちました。



素材、メンテナンスさえ気をつければ

カーペットは大いにありです。




スポンサーサイト

脱衣所の間仕切り壁完成


今日は戸建リフォームに戻って

新たに作った脱衣所の壁に

ボードを貼り終えました。




イメージ通りの間仕切り壁が出来ました。

扉は付けずにカーテンにする予定です。



続いて、

トイレの木部を白色に塗装していきます。




先日、オイルステインを塗って

漆喰の白とのコントラストを

狙ったのですが、

どうも気に入らなかったので

木部も全て白にしてみる事にしました。


塗装はカチオンシーラーを塗って

茶色が浮き出てこないようにしてから

とりあえず、

一回塗った状態です。


2回塗りしてから、

漆喰の2回塗りにいく予定ですが、

今日はここまでで終了です。







まだ一回目塗りで

いまいちですが、

やっぱり、白くした方が良さそうですね。





ロフトベッド設置


先日、いただいたロフトベッドを

組み立てて客付けに苦戦している一室に

設置してみました。





狭い部屋なので

ギリギリでしたが、

なんとか設置完了しました。




ただ、

今度はペンダントライトが

寝るときに邪魔になってしまうので

照明を付け替えました。






このシーリングライトは

ニトリですが、

何と3800円と言うお値打ち品です。



イケヤの方が

もっと安くてオシャレな照明があるのですが

この物件の場合、

照明用のスイッチが付いていないため

紐付きの照明でなければならないんです。



このニトリの照明は

紐でオン、オフできるので

丁度良いんです。



取り付けてみたら、

ロフトベットの邪魔にならなくなって

いい感じになりました。



早速、

管理会社にロフトベットを設置した旨を伝え、

条件変更して再募集するように依頼しました。



これで早く決まって欲しいですね。











ユニットバスの換気扇交換


今日も昨日に続いて

西成のアパートのDIYリフォームです。


野良猫の爪とぎでボロボロになった

残りの部分に化粧合板を貼っていきます。


実はこの合板は厚さが3mmしかないので

カッターで切れます。


面倒なのは小口を隠すための

コの字の見切り材を留めと呼ばれる

斜めにカットする作業です。


今日はリフォーム前の空き部屋にこもって

黙々と加工作業をして、





一気に貼り付けました。




コーキングガンでボンドをベニアの裏に

絞り出していったのですが、

安物のガンなので

結構握力を使わないと出てこなくて

結構疲れました。





続いて浴室の換気扇交換です。


こちらが交換前の壊れかけの換気扇です。





それを新機種に交換してこのようになりました。





リフォーム会社の人に

こちらは素人には難しいですよ。

と釘をさされていたのですが、

やってみると、

やはり、難しかったです。


古いモデルの

後継機種だったので

サイズ的にも問題ないと

思っていたのですが、

新機種の方が

電源コードの分外側に

はみ出ており、

ユニットバス上部に開いてあった

既存の穴には入りきらなかったので

コードが入るスペースを空ける為に

ペンチでゴリゴリしたりして、

疲れました。


本当はペンチで無理やり、

穴を広げるのではなく、

ドリルなので穴を空けた方が良かったのだろうと

思いますが、

適切な工具を持っていなかったので

手持ち工具で強引にやってしまいました。



それにしても、コードの直結や

ダクトへのつなぎ作業など

想像していた以上に面倒くさかったです。


しかも前のモデルが四角だったのに

今回は小さめの丸になっているので

四角に付いた汚れが見えてしまってます。



洗い屋さんが綺麗にしてくれれば良いのですが、、、、



総合的に判断してUBの換気扇交換は

次回から職人さんに

お願いすると思います。



一応今日の作業ノルマは達成しましたが、

今日もたったこれだけの作業で

まる一日が終わってしまいました。



毎日、時間が経つのは早いですよねー。

野良猫ガード用のボード貼り付け

軽ワンボックスに変えてから

非常にフッワークが軽くなってます。



今日は西成の物件で

先日リフォームの打ち合わせに行った時に

共用部の壁が野良猫の爪研ぎでボロボロに

されていた部分があったので、

DIYリフォームしてきました。



もっとひどい部分もあったのですが、

写真を撮り忘れてしまいました。




ホームセンターで材料を買い込み、




こんな感じで貼り付けました。





3x6尺の化粧ベニヤを

両面テープとボンドでとめました。


木口にはプラスチックの見切り材を

額縁カットして止めてみました。




最初はキッチンパネルを貼り付けようと

思ってましたが、キッチンパネルって

高いんですよね。


アイカなどのメーカー品だと

一枚9000円、

コーナンのオリジナルでも5000円。


近所に最近できたムサシと言う

巨大ホームセンターで

4000円の物を発見したのですが、

だったのですが、

それでも高く感じてきたので

隣の棚を見ると、

猫の爪も引っかかりそうもない

化粧ベニヤがあるじゃないですか。



一枚1600円だったので、

そちらにしてしまいました。


共用部分と言っても

雨風は直接当たらないところなので、

問題ないと思います。


材料費(ベニヤ2枚、ボンド、両面テープ)も

5000円に抑えられたのでDIYリフォームする事で

リフォーム会社の見積もり27000円よりも

22000円も安く出来ました。(^ ^)


しかし、

見切り材の額縁カットをするのが

初めてなので、

手間取ってしまい

結局、この部分しか貼れませんでした。



野良猫にボロボロにされている部分が

あと二箇所もあるので

同じ要領でガードしなければなりません。


明日は残りの部分の貼り付けと、

キッチンと浴室の換気扇の取り付けをしに

再度行ってこようと思います。











ジモティーって最高ですよ。


皆さんはジモティーってご存知ですか?

ジモティー


不用品がある人と

それを必要としている人との

マッチングサービスなんですが、

ヤフーオークションと比べて

本当に気軽に利用できるんです。



利用料金は出品者と利用者

共に無料なので

最近は利用者も増えてきてます。


エリアで絞り込みもできるので

私も最近はちょくちょくチェックをしてます。


そんな中で

欲しいと思っていたロフトベットが

0円で出ていたんです!



すぐに連絡を取ってみると

申し込みが殺到していたようですが、

ラッキーな事に私に譲ってもらえる事になりました。


現物は白色ですが、

これは同じ商品の色違いです。






家からはちょっと離れた

大阪の北摂と言われる場所だったのですが、

軽のワンボックスを出動させ

早速、取りに行ってきました。



一番大きい部材が100x200mmぐらいあったので

載せるのに若干苦労しましたが、

何とか荷台に載せられました!





やっぱり、

軽のワンボックスカに乗り換えておいて良かったですー。



まだ組み立ててないので

分かりませんが、

無垢の木に白のステインペイントがされていて

非常におしゃれなベッドです。



こんな良いものをタダでいただけて

感謝感激です。



先ほど、出品者の方から

不用品を引き取って下さりありがとうございました。

とお礼のメールをいただきました。


本当に双方にとって、

またゴミを出さない点でも社会的にも良い

正に、三方よしのビジネスですね。


でも、

ジモティーさんはどうやって儲けてるんでしょうかね?


やっぱり、広告収入なんでしょうか?



いずれにしても、

こんな良いサービスはないので

これからもドンドン活用したいですね。









登録実務講習終了

今日は宅地取引主任者の

登録実務講習の2日目でしたが、

無事に修了証書をもらえる事が出来ました!



講義の最後に試験があり、

正解率が8割を越えないと落ちてしまうんですが、

前評判通り、

真面目に講義さえ受ければ

小学生でも受かると思います。



不動産実務に関する知識を

丸バツで30問、

契約書と重要事項説明書を

登記簿や資料を見ながら

穴埋めしていく問題が30問で

テキストを見ても良いんです。



修了証を得たことで、

不動産実務経験を2年有する人と

同等と見なされる事になるんですね。



やっぱり、

実際に媒介契約を何件も行わないと

身につかないとは思いますが、

講習を受ける前と比べると

やはり、登記簿の見方や

重要事項説明書の中身まで細かく

理解出来るようになりました!



いやー、

新しいことを学ぶのって、

楽しいですね。



同じ景色を見ても、

学ぶ前と後では

全く違った景色に見えるんですよ。



先日、カンブリア宮殿で

日プラと言う世界中の水族館から

引っ張りだこの水槽メーカーの紹介されてましたが、

そこの社長が80歳過ぎても、

まだまだ現役で、

未だに新しい事に楽しみながら

チャレンジしている姿が

放映されてました。




80を過ぎても

子供のようにはしゃぎながら

仕事をしている社長は

本当に幸せそうでした。



まだ、私なんてこの社長と比べると

小僧にすぎませんが、

いくつになっても

まだまだ新しい発見があると

ワクワクしますね。













登録実務講習初日


今日は土曜日なので

楽しいDIY R SCHOOLの日ですが、

宅地建物取引主任者の合格者で

実務経験のない人が

主任者登録を受けるために受講しなければならない

登録事務講習の日とバッティングしてしまったので

泣く泣く講習を受けてきました。



今日と明日の2日間で

講習を受け、

最後に修了試験を受けて

合格した人のみが主任者として

登録する事ができるので

重要と言えば重要な講習なんです。



と言っても

修了試験の合格率は

全受講者に対してほぼ100%と

誰でも受かる試験なんですね。



今日も

明日の試験に出題されるところを重点的に

講義を受けましたが、

講師が実務経験豊富な人で

実体験に基づいた事例を話してくれるので

久々に非常に勉強になりました。


例えば、

物件調査の方法って業者でないとわからないですよね。


今日はその流れを教えてもらえました。


流れとしては、


1.物件現地調査

2.法務局で公簿等による調査

3.役所で法令上の制限調査

4.水道局、ガス会社などで設備、施設(ライフライン等の調査)

5.再度、物件現地調査

6.近隣への聞き取り調査


となりますが、

全てを漏れなく調査しなければならないんです。



調査の流れは分かりましたが

やってみないと身につかないですよね。


やっぱり、実務経験を積むためには

不動産会社に修行に入らないといけないと

改めて思いました。



そして今日の講義を受けて

やはり不動産売買の仲介営業も

一度経験したい気持ちが大きくなってきました。



4月からは宅地建物取引主任者が

宅地建物取引士と名称が変わり、

弁護士や司法書士などと同じ士業になるらしいのですが、

今以上にこの資格を格上げをしていこうと

国や業界団体も動いているようですし、

次の再就職は不動産会社かな?


























脱衣所を作ろう!

トイレの漆喰が固まるまで一週間かかるので

その間に別の作業をします。



実はこの家には脱衣所がなく、

風呂場の前にカーテンをかけてあり、

そこで着替えるようになってます。



これでは客人が泊まる時などを考えると

あまり宜しくない状態です。



そこで、脱衣所を作る事にしました。


壁の作り方は

以前、DIY R SCHOOLで教わった

軽鉄を使ってみようと思います。





まず、ホームセンターでスタッドと、




ランナーを購入します。




丸ノコの刃も軽鉄が切れるものを

に変えてカットしていきます。



レーザー墨出し機でランナーの位置決めをします。



床と天井にランナーをビス止めして

スタッドを立てていきます。





端のランナーとスタッドの接合部には

ビス止めして固定します。






ランナーとスタッドを止めるのは

専用のビスがあったので

これを使いました。





ビス止めして骨組みの完成です。





これで玄関側からみても風呂場が直接見えなくなります。





しかし、

軽鉄で壁を作るのはやっぱりメチャクチャ簡単です。



一気に形ができるので

気分がいいですねー。


トイレの部屋の漆喰塗り(下塗り)


昨日はあまりに漆喰を塗るのに

苦労したので、ネットで色々と調べてみました。


すると、漆喰を塗る前に

壁を下地調整しておく必要がある事が分かりました。


下地調整の方法は、

1.シーラーを塗る。
2.下地を湿らせておく。

のどちらかの処理をしておかないと

下地が漆喰の水分を吸ってしまい、

すぐに乾燥してパサパサになって

昨日のような状態になるらしいのです。



そこで今日は塗る前に水でたっぷり湿らせてから

塗り始めました。




そうするとなんと言う事でしょう。

昨日とは全然違って、すごく塗りやすくなりました。


コツもつかめて、

最後の一面などは非常に満足のいく仕上がりになりました!





因みにこちらは昨日塗った一面です。


ひどいもんです。





漆喰は最初こちらの製品を使ってましたが、




こちらの場合は、

このようなヒビが入りやすい事も分かりました。

別売の漆喰用ボンドを混ぜればヒビ割れしにくくなるらしいですが、

値段が高いのが玉に傷なんですよね。





たまたま、

量も多くて安かったこの大和漆喰を

途中から使い始めたのですが、

これはヒビ割れもせずに伸びもよく使いやすいです。





ただ、漆喰はやはり一度塗った後、

一週間ほど乾燥させてから

中塗り、仕上げ塗りをしないといけないので

やはり暇がいりますよね。


明日からは一旦、別の作業に移りたいと思います。

Profile

DIY職人大家 ヒデ

Author:DIY職人大家 ヒデ
経歴
2007年に藤山さんの本を読み一念発起し、1Rx6部屋のアパートを親借金で購入。
サラリーマンをしながら二足の草鞋でアパート経営を行う。
2013年9月末22年勤めた物流会社の希望退職制度に応じ
早期退職する。
転職先の工務店でリフォーム工事の現場監督を経験した事で職人になりたい気持ちが芽生える。
2014年2月に購入したアパートのリフォームを自ら行う為に3月月末に工務店を退職。
2014年4月〜6月所有アパートの空室リフォームを自らDIYで行う。
7月から12月まで職業訓練所の住宅リフォーム技術科で建築のイロハを学ぶ。
10月からDIY R SCHOOLに通い、DIYリフォームのノウハウを勉強中。
2015年1月から昨年購入済みの築古戸建のDIYリフォームを日々敢行中。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

フリーエリア

大阪,難波,道頓堀,心斎橋20分USJ30分神戸,京都,奈良60分

大阪, Osaka, 日本
駅近/近隣の百舌駅まで徒歩5分/関西空港までJRで40分/難波まで20分USJ30分の好立地/布団敷きで最大10人まで宿泊可能/和室2洋室1の3LDKで広々/冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ、電子レンジ、トースター,ドライヤー,エアコン,アイロンなど生活必需品完備/長期滞在に最適/敷地内無料駐車場あり/1階部屋につき荷物の運び入れが楽々/ベランダ物干し台/フットマッサージ機/3部屋寝...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

何でもやってみる大家 - DIY職人大家のDIYな日々

QR

カウンター

ブロとも一覧

リンク

Search form

Display RSS link.

Friend request form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。