なんでもやってみるDIY大家 - DIY職人大家のDIYな日々 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯機小屋工事の下準備

今日も洗濯機小屋を作る下準備です。



小屋を作る前に

既存のブロックを基礎にして

柱を連結できるように

金物を取り付けていこうと思います。



今日使う材料と工具は

こんな感じです。




本来の使い方ではないですが

羽子板ボルトをブロックの

穴に入れて、

セメントで固めます。



位置が狂わないように

端材で羽子板ボルトを仮止めします。




インスタントセメントを練って

このように穴に充填します。




穴が既にモルタルで固められている

所は、振動ドリルに

14.5mmのドリルビットをつけて




穴を開けて

金物を沈めます。




こちらは樹脂モルタルで

ボルトを固定しようと

思いますが

固まるのかな?




このような感じで

セメントが固まるのを

待ちたいと思います。





一旦、

作業が一区切りつき、

時計を見ると4時半。




給水管の配管だけやれると思い、

作業を始めました。




元栓を止めて、

13mmの引き込み管の立ち上がり

部分をノコギリでギコギコ

やり始めました。




あと少しで

切断完了というところで

少し無理な力がかかったようで

根元からポキリと折れてしまいました。 (´Д` )




丁度、

ユニットで接合されていたところで

折れてしまい、

13mm管が少しだけ見えている

状態になってしまいました。



接着剤で一応つけてみましたが

十分な重ねしろがないので

上手く接着できません。



ヒエー。



どうしよう。



このままでは

またアパートが

断水状態になってしまいます。




あたふたしながら、

コーナンプロへ何度も行って

最終的に、

これで





接着不十分な箇所を

グルグル巻きにして

開栓してみたところ

何とか水漏れなく

配管完了できました!! \(^o^)/











完成形がこちらです。






バランスの悪い

立ち水栓を支える

支柱を作るための端材や

暗闇で作業するため

投光器を買いに行く羽目になったりして、

結局、

コーナンプロまで

4回も往復してしまいました。




あー


疲れたー。



一時は絶望的な状態になりましたが、

なんとか解決できて良かったです。(;^ω^)








コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Profile

DIY職人大家 ヒデ

Author:DIY職人大家 ヒデ
経歴
2007年に藤山さんの本を読み一念発起し、1Rx6部屋のアパートを親借金で購入。
サラリーマンをしながら二足の草鞋でアパート経営を行う。
2013年9月末22年勤めた物流会社の希望退職制度に応じ
早期退職する。
転職先の工務店でリフォーム工事の現場監督を経験した事で職人になりたい気持ちが芽生える。
2014年2月に購入したアパートのリフォームを自ら行う為に3月月末に工務店を退職。
2014年4月〜6月所有アパートの空室リフォームを自らDIYで行う。
7月から12月まで職業訓練所の住宅リフォーム技術科で建築のイロハを学ぶ。
10月からDIY R SCHOOLに通い、DIYリフォームのノウハウを勉強中。
2015年1月から昨年購入済みの築古戸建のDIYリフォームを日々敢行中。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

フリーエリア

大阪,難波,道頓堀,心斎橋20分USJ30分神戸,京都,奈良60分

大阪, Osaka, 日本
駅近/近隣の百舌駅まで徒歩5分/関西空港までJRで40分/難波まで20分USJ30分の好立地/布団敷きで最大10人まで宿泊可能/和室2洋室1の3LDKで広々/冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ、電子レンジ、トースター,ドライヤー,エアコン,アイロンなど生活必需品完備/長期滞在に最適/敷地内無料駐車場あり/1階部屋につき荷物の運び入れが楽々/ベランダ物干し台/フットマッサージ機/3部屋寝...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

何でもやってみる大家 - DIY職人大家のDIYな日々

QR

カウンター

ブロとも一覧

リンク

Search form

Display RSS link.

Friend request form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。